親譲りの資産を守る|これから不動産を探すときに知っておくと役立つ情報

これから不動産を探すときに知っておくと役立つ情報

親譲りの資産を守る

一軒家

無人の家は荒れやすい

近年、新聞紙上などでたびたび話題になっているものに、いわゆる空き家問題があります。空き家問題とは、住人のいなくなった家が管理も行われずに放置され、近隣住民にとって治安や防災面における不安材料となっていることをいいます。当初は過疎地だけの問題でしたが、現在では都市部にも広がっています。この問題に対しては、自治体も空き家バンクを開設して有効活用を図るなどの対策に乗り出しています。また、民間ベースでもさまざまなサービスが生まれています。その1つが、空き家管理サービスです。空き家管理サービスとは、所有者に代わって空き家を巡回し、現状を確認したりメンテナンスを行ったりするサービスです。近年は一戸建てばかりでなく、分譲マンションに対しても提供されています。

安全と資産価値を保つ

現在放置されている空き家の多くは、親から住宅を相続したものの、自分は別に生活拠点があるので利用できないといった事情で発生しています。つまり親が持ち家に住んでいる人なら、いずれは誰の身にも起こる問題として気をつけておかなければならないのです。空き家管理サービスを利用すれば、たとえ所有者が遠方に住んでいても、無人の住宅が荒れないよう必要な対策を講じてくれます。フェンスや外壁に破損はないか、庭木が伸びすぎて隣家に迷惑をかけていないかといったチェックを定期的に行い、必要に応じて補修や剪定の手配を行います。室内の清掃や通気、通水、雨漏り対策なども行ってくれます。侵入の形跡等を見つけた時は、警察への連絡や捜査立会いも代行します。