とても強く価値ある権利|これから不動産を探すときに知っておくと役立つ情報

これから不動産を探すときに知っておくと役立つ情報

とても強く価値ある権利

家

トラブルも多く少々難しい

借地といっても物を置くために借りた、農地にするために借りたなどいろいろありますが、相談依頼のある借地といえば、建物が建っている土地に関わる話が多いです。土地に建物を建てて居住している場合、その土地に対する権利があるはずです、所有権のことが多いですが借地権といって地主に土地を借りて建物を建てているケースも多くあります。この建物を所有する借地権は非常に強く価値がある権利です。価値がある権利だけに相談も多くあり、トラブルも多いのが浮かびます。借地は更地価格の6〜8割となっており、これは税務署が納税額算定のために定めた価値を基準に決められています。これだけの価格ですから、借主にも強い権利が与えられています。

建直し売却の前に専門家へ

借地の場合、借主は貸主に地代を永遠に払い続け、20年に一度の更新の際には更新料を支払い、家の建て直しの際には地主の許可を得る必要がありますし、借地権の土地に建てた建物を売却したいときにも所有権の土地に立った建物を売却するのとは異なる手続きが必要になります。先にも述べました通り、力が強く価値のある権利ですので、思っているよりも借主に権利が与えられていることが多く、トラブルや困ったことがあった場合には、すぐに決めたりせず相談に行った方がいいです。特に、家の建て直しと建物を売却する必要が出てきた場合には、借地の相談を専門とする法律家に相談に行き求める解決方法により近い形で進めていけるよう具体的な相談をしましょう。